住宅ローンを無理なく返済

>

不動産担保ローンの仕組

リバースモーゲージとは

年金だけでは老後の生活に不安を持っている方も多いと思います。もし、住宅ローンの返済が残っていたらその不安を大きいですよね。
そのような方は、リバースモーゲージ制度を利用した住宅ローンの借り換えを検討するのも良いでしょう。
リバースモーゲージとは、一般的に高齢者の方を対象とした自己所有の住宅や土地等の不動産を担保に入れて金融機関から融資を受ける制度です。融資金は一括あるいは年金形式で受け取ることができます。この制度のポイントは、元金の返済は死亡時に一括して行われるため毎月の返済は金利分のみとなるということです。
この制度を利用することにより、住宅ローンの返済よりも毎月の負担を軽減することができますが、メリット、デメリットがあるため、契約前に金融機関から十分に説明を受け慎重に検討することをおすすめします。

リバースモーゲージのメリット、デメリット

メリットは毎月の返済額が利息分のみであることです。したがって、一般の住宅ローンと比べ毎月の返済負担が軽くなります。これは元金の返済が担保に入れた不動産を売却して死亡時に一括返済するためです。
また、今住んでいる不動産を手放す必要がないため継続して住み続けられます。契約者が死亡した場合でも配偶者が引継げる制度もあるようです。
なお、住宅ローンは住宅購入にしか利用できませんが、リバースモーゲージは、資金使途が比較的自由となります。
デメリットは、平均寿命が長くなっていることから、融資限度額以上に資金を使用してしまうリスクがあるということです。
また、経済状況によっては、不動産の価値が下落し、融資限度額が見直されたり、融資限度額以上に使用した資金を返済しなければならない可能性もあります。もちろん、金利上昇リスクも念頭に入れておく必要があります。


TOPへ戻る