住宅ローンを無理なく返済

>

有効な返済方法とは

有利な返済方法とは

ここでは住宅ローンの返済方法についてご紹介します。
大きく2つの返済方法がありますが自分に合った返済方法を選択することが大事です。
できるだけ毎月の返済額を抑えたいという方は「元利均等払い」をお薦めします。この方法は、毎月の返済額は一定ですが、当初は利息返済分が大きく元本の返済が少ないという難点があります。
利息負担分をできるだけ抑えたい方には「元金均等払い」をお薦めします。元金の返済割合を一定にするため、利息負担分は少なくなります。
その人の返済計画によりますが、利息負担を押えたい方には「元金均等払い」を検討してみてはいかがでしょうか。
また、固定金利にするか変動金利にするかも重要なポイントです。低金利時代には当初変動金利でローンを組んでおき、金利上昇時に固定金利に変更するということも検討してみてはいかがでしょうか。

できるだけ早く返済する方法

返済方法によって利息負担をできるだけ少なくすることも重要ですが、やはりローンの残金をできるだけ早く返済することできれば、安心ですし利息負担も大きく軽減できます。
無理のない返済額とそれに見合った物件を購入することがまず基本ですが、そうすることによって将来資金的な余裕が生まれる可能性がひろがります。
できるだけ早くローンを返済するために繰り上げ返済を効果的に利用しましょう。少しでも手元に余裕資金ができたら、ローンの繰り上げ返済に回すことを検討してください。たとえ1か月分の繰り上げ返済でも返済額が軽減し、返済期間も短縮することができます。一般に、返済期間短縮のほうが利息負担総額が軽減されることが知られています。
また、物件購入の際にできるだけ頭金となる資金を蓄えておくことも賢い住宅ローンの組み方です。購入できる物件が広がったり、毎月の返済額に余裕を持たせることが可能となります。


TOPへ戻る