住宅ローンを無理なく返済

>

住宅ローンの組み方

年収を考慮した借入可能額

自分の年収からみていくらまでの家が購入できるかは住宅ローンを組む上で非常に重要なポイントになります。
一般的に、年収の5倍までの値段の家が購入可能だと言われています。例えば、年収400万円の方ならその5倍の2,000万円までの家が購入可能ということになります。
年収の5倍以内の家であれば、住宅ローンを組んでも家計に負担とならず、また、急にまとまった資金(子供の学費等)が必要になった時でもやりくりできる範囲であるといわれています。
住宅を購入する際、立地や間取り等できるだけ希望に叶う物件を購入したいのはもちろんですが、年収の5倍以上の物件を購入した場合に毎月の家計へのしわ寄せや急な出費への対応が困難となる場合があります。

無理のない返済額とは

毎月の返済額はいくらまで可能か押えておくとゆとりのある住宅ローンの返済が可能となります。
一般的に、年収と住宅ローン年間返済額との関係からみると、年間返済額が年収の25%以内に押さえられていれば一時的な支出が生じても対応できる範囲内だと言われています。
例えば、年収400万円の方なら、その25%で100万円が年間返済額となり、毎月にすると約8万3千円が無理なく返済できる額となります。
この金額をベースに購入したい物件を住宅ローンで組んだ場合、毎月どれくらいの返済額になるかシミュレーションし比較することで一つの目安とすることができます。
希望物件の毎月の返済額がもし返済負担率25%以上となる場合は、もう一度希望物件を見直すなどして慎重に検討することをお勧めします。


TOPへ戻る