ローンで家を購入予定!返金可能な金額設定

住宅ローンを無理なく返済

ローン借入可能額について

ほとんどの方は借金をすることにネガティブなイメージをお持ちのことと思います。しかしながら、住宅のように購入に多額の資金が必要な場合、どうしてもローンを組む必要がありますよね。そのため、自己資金が少なくてもマイホームの購入が可能となる住宅ローンはとても便利な制度となります。
ただし、多額の借金をすることになるため、住宅ローンを利用する前に色々なことを検討する必要があります。
一般に住宅ローンの返済期間は30年以上の長期間で契約されることが多いです。その間、元金の返済はもとより金融機関に支払う利息分も長期間にわたり返済していかなければなりません。
そのため、毎月の返済額が家計の負担を圧迫していないか、将来のライフプランにおいて無理なく返済出来る金額なのか等を慎重に検討して組む必要があります。
例えば、毎月のローン返済金額が給与収入の内大きな割合を占める場合、返済が負担となり家計を圧迫することになります。また、定年退職時にローンが残っている場合、退職金が入りローンを完済できればよいのですが、そうすると今度は老後の生活を心配しなければなりません、年金だけで生活するよりもある程度蓄えがあったほうがゆとりのある老後を過ごすことができます。
このようなことを考慮すると、ローンはできるだけ早く完済したいと思う方が多いでしょう。
そこで、ローンを組む前に、家計に無理なく毎月の返済をしていくにはどれくらいの返済額が妥当なのかを押えることが重要なポイントとなります。
また、できるだけ早くローンを完済する方法も知っておくと役に立ちます。
さらに、近年話題になっている不動産担保ローン(リバースモーゲージ)についてもご紹介します。

TOPへ戻る